なべさんブログ

福島好きの福島市民のブログです。

福島コードF-9 03 浪江町 編 目撃情報1

目撃情報1 集会場へ続く道 時を示す白き顔を支える柱の下

 

P2駐車場の「いこいの村なみえ」に向かいます。
今回の目撃情報は分かりやすいので問題はないかと思います。
こんな感じで貼ってありました。
他の方のツイッターとか見ていてとても助かるのは
目撃情報が貼ってある物や付近の情報が自分にとって
とてもヒントになることが多いです。
 
これで今回終わりでは無いんですが、
この先は原発や町並みに触れる描写が出てきます。
場合によっては気分を害される方もおられるかもしれません。
(このブログ、自分の日記みたいな役割もしているのもあります。)
あまり触れられたくないなあと思う方は、ここから先はそっ閉じして
もらえると幸いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは続けますね。
川内村の最終報告所のリプルン福島からいこいの村なみえ
まではこんな感じで第一原発の本当に近くを通ることになります。
 
こんな所通って良いのかな?
ってのが正直な感想です。
 
リプルン福島から北上するにつれて
車内からけたたましくブザーが鳴り響くのでアラーム
かなと思ったら。
行く前に嫁から渡されたガイガーカウンターがなってました。
そういや。。。忘れてた。
 
 
福島市内だと0.09でしたが
 
2.91とかなりの高さを示していました。
 
設定で0.5以上から鳴るようになっているみたいで
鳴っても何も出来ないし・・・
「外に出なけりゃいいんだよな、きっと・・・」
不安をよそに原発付近を通り抜けます。
が、通りは自分の想像以上の光景でしたね。
 
ほとんどの道はバリケードで封鎖されていました。
各家にもバリケード
震災時に避難していなくなった家を漁っていく泥棒が多く出た
ための防護措置だと思いますが、
こういう状況を目の当たりにするとやっぱりショックですね。
警備の方も所々に配置されてましたね。
色々複雑な思いで、いこいの村なみえに到着
なんか本当にここに来るまでが遠かった気がします。
とてものどかで良い場所。
無事発見
 
 
はい、とまあ、今回はこんな所で終了です。
自分は震災前から福島に住んでいて、震災から大分たちましたが
まだ触れられたく無い思い出だし、忘れたくても忘れられない思い出です。
 
自分の住んでいる町があんな風になってしまったらと思うとやりきれません。
くやしさと悲しさしかなかったです。
 
まだまだ震災で避難している方も多いと思いますが、健康に気をつけて
頑張っていきましょう。
それくらいしか言えない自分が情けないですが・・・・。
 
まだまだ復興は終わらないです、目を閉ざすのではなく目を開いて福島の
ために何か出来たらいいなと、今回改めてそう思いました。
 
そう思えたのはF9やってたお陰かなと思います。
 
頑張れ福島ってことで
次回は目撃情報2行きます。